No Silver Bullet

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

HHK Lite2 改造

前回ネジ山が潰れてて改造できなったHHK Lite2ですが、
購入した某ヨドバシカメラにて良品と交換してもらいましたヽ(´ー`)ノ

んで押下圧減圧加工をして使ってたんですが、ケーブルがうざいのなんの・・・
硬い、長い、うざい!ヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!

んで・・・

HHK Lite2

にっこり(^ω^)←
めっちゃすっきりしました アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノ ㌧㌦! ㌧㌦!

まぁ別にBluetoothになった訳ではありませんw
ケーブル着脱式にしました。

さようなら、標準ケーブル・・・
HHK Lite2ケーブル


で、肝心なケーブル差し込み口はこちら↓
HHK Lite2 miniUSB
なかなか良いでしょ?w

コネクタの位置はかなり悩みました。

デフォの位置の下辺りに作るとなるとガワの下端にminiUSBコネクタが来ちゃう。
そうすると見た目も悪いし、miniUSBプラグを刺した時に負担がかかりそうだし。

次に考えたのはDIPスイッチの所。
ここはかなり良さ気でした。miniUSBの大きさに近くて無加工で取り付けできる。
しかしDIPスイッチが邪魔なので外さないといけない・・・
JIS配列はUSBポートのON/OFFしかDIPスイッチに当てられていないので
なくても全く困らないっちゃ困らないけどやっぱりねぇ・・・

んでどこにするか悩んだ挙句今の位置にしました。全く不満なしw
USBポートを使った際にもこの通り!
DVC00168.jpg


ちなみに内部はこんな感じ
HHK Lite2 内部

基盤とminiUSBを繋ぐケーブルが長すぎました。
miniUSBから出てる黒いケーブルは鉄板とのアース用です。
これがなくてもちゃんと動くことを確認済みですが、
デフォで付いてるのであったほうが良いのだろうと一応付けておきました。

miniUSBコネクタについてる半透明の物はホットボンドです。
miniUSBコネクタとの結線ははんだ付けしてますが、足が短くて脆いので・・・

コネクタ固定用にエポキシ樹脂とかも買いましたが使いませんでした。
コネクタの固定はガワに溝を作り嵌め込んでます。
ホットボンドを盛ってあるので鉄板を固定するとコネクタを押さえる仕組みです。

やる前は綺麗にできるか心配でしたが予想以上に良い出来ですヽ(´ー`)ノ
押下圧減圧加工したメンブレンシートの写真忘れました・・・
穴あけパンチφ2mmで2箇所ずつ開けてあります。
これで押下圧が約10gくらい軽くなりました。
Realforce45gに近くなってGood!

これで大満足のHHK Lite2になりました。・゚・(ノД`)・゚・。
唯一の不満は左Alt、左Win周りがハードウェア的に変えられないくらいですね。
ちなみにここはレジストリいじって
半角/全角→Alt
Win→半角/全角
Alt→Win
上記に変更しました。めっちゃ使いやすい(ノ∀`)
ちなみに私は入力切り替えを変換・無変換で行うので半角/全角が同時押しになっても全く困りません。

あとそういえば無変換より左のキー群をRealforceみたいなキーの大きさにしてくれると使いやすさアップですね。というのもWinキーが若干右寄りなのが押し間違える要因になっています。
あとはWinマーク(窪みあり)のキートップが付いてくると指先で判別できて良いんですが・・・

左Alt周りのDIP変更機能と同時にキーの大きさも変えてみませんか?PFUさん(´ω`)
もちろん左下のデッドスペースは少しは残す方向で。

唯一の不満とか言っておきつつ色々改善希望だしてしまいましたが、
HHK Lite2改造版は大満足です。大事に使っていきます。
持ち運びも◎だし色々楽しくなりますね。
ほんとAlt周りのレジストリ変更だけが足をひっぱりますが・・・w|ω・`)←
スポンサーサイト

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

周辺機器 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Lenovo Edge E420購入 | HOME | HHK Lite2購入>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。