No Silver Bullet

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自作コードホルダー

自作コードホルダー
有線のマウスをお使いの方の中にはケーブルの取り回しに苦労している人もいるのでは?
ケーブルの固さでマウスが跳ね返ってきたり、パッドとケーブルが擦れる音が気になったり・・・
そこで今日紹介するのはコードホルダー。
市販品ではマウスバンジー(Mouse Bungee)なんてのや、Steelseries コードホルダー
Razer コードホルダーなんてのがあるがどれも数千円して高い・・・
後ろの2つなんてただの重りなのに・・・w

そこでこの自作コードホルダー。なんと製作費は100円かかってません(´ω`)b
材料費は下記の通り
吸盤*1 \50
アクリル棒(φ3mm) \110(ひとつ当たり1/3くらいなので\36とする)
ホットボンド少量 \10未満

作り方は簡単、蝋燭の火の熱でアクリル棒を温め、柔らかくなったら適当な太さの棒に巻く。
火に直接かけちゃダメですよ?火の熱で柔らかくします。
火にかけたら多分有毒ガスが発生、そして燃える・・・(;´▽`)
私はアルミ製のシャーペンに巻き巻きしました。プラスチックのペンはやめたほうがいいかも。
この際、「熱くてうまく巻けねーよ!」って人がいると思うのでアドバイス。
軍手をつけて作業すると( ゚Д゚)ウマーです。
軍手してれば熱したところも触れるので上手く整形できます。

基本的に長い方が柔らかいホルダーになります。巻き数も多い方がよく撓る(しなる)。
満足いく形になったら吸盤にホットボンドを注入し、アクリル棒をぶっさしましょう。
冷えるのを待って完成!(´ω`)

吸盤の穴の内径が3mmだったらホットボンドいらないかもしれません。抜けるかな・・・?
私の家の近くのホームセンターには内径3mmがなかったのでこんな行程になりました。

カットはニッパーなりノコギリなりでカットして、切り口を棒やすりで削るとプロの犯行にw

感想:
ケーブルとマウスパッドが擦れる音もなくなったし、大した抵抗もなくホルダーが撓るので
大きくマウスを動かしても快適です。

火を使わない方法としてはドライヤーがありますが、私が試したところ無理でした(;´▽`)
軍手に火が燃え移らないよう、やけどしないよう注意しながら作ってくださいませ。
スポンサーサイト

テーマ:便利ツール - ジャンル:コンピュータ

周辺機器 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<使っているマウスパッド紹介 | HOME | A.V.Aクローズドβ決定>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。