No Silver Bullet

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Oscar Script Editorのドライブ文字問題

OSの入ってるシステムドライブがCでない場合、うまくインストールできませんでした。

しかし一応の苦肉の策を発見。
これはメーカーHPの最新版(DL版)においての話ですのでご注意を。

DL版は何が何でもCドライブじゃないとインスコしてくれません。わがままですね・・・
そこで何でもいいのでCドライブを用意します。
USBストレージでも良いし、SDカードでもメモリースティックでもOK。
(一番良いのはHDD(理由は後述)。
既存のHDDのドライブ文字を変える場合は注意しましょう。
データ類だけならば問題ないのですが、実行ファイルなどがあると面倒かも。
プログラムランチャーやらデスクトップのショートカットが全部ダメになります、)
ある程度転送速度の速いものがおすすめです。

私のようにシステムドライブがC以外の人はCドライブが何かに喰われてるわけですが、
(たとえばカードリーダやら、CDドライブやらなんやらに。)
OSの入ってるシステムドライブ以外はドライブ文字を変更できるので、
まずはCドライブのドライブからドライブ文字Cを奪還します。(他の文字に変える
そしたら用意しておいたストレージ類のドライブ文字をCに変更。
これで即席Cドライブの完成です。

そしたら普通にDL版の実行ファイルを起動。Cドライブに40MBくらい書きこまれます。
そうすると今度はPCへのインストーラが起動。
Cドライブはインストーラ展開に使われます。
PCへのインストーラでも結局インスコ先は指定できません。
しかしこれはprogram filesの場所を勝手に探してそこに投げ込むみたいです。
私の場合はHドライブですが、ちゃんとインスコできました。

インスコ後は何も問題なく起動。X-738K版を入れましたが日本語になってました!
しかし携帯ストレージ類で行った人はここで問題発生。
インスコした後にも関わらず、毎回起動するたびにCドライブを参照するんです。
だから携帯ストレージをCにした場合、ストレージが接続されてないとCが消えます。
そうすると「Cドライブが見つからないよ」と永遠エラーを吐くようになります。
先ほどHDDをお勧めしたのはこの問題のためです。
携帯ストレージを常に刺しっぱの人には関係ありませんでしたね・・・(;´▽`)

システムドライブがC以外の人にも対応するよう要望入れたいけど
エラーで送れんし、ほんと困ったもんです(´・ω・`)ショボーン
スポンサーサイト

テーマ:トラブル - ジャンル:コンピュータ

PC系 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<X-748K レビュー | HOME | AVIDESから返信>>

この記事のコメント

Oscar Editor自体はCドライブ以外でも動作するけど、設定ファイル(.amc/.asc)の参照/保存先はC固定のようですね。設定持ち歩くならむしろ携帯ストレージをCにしたほうが好都合かも?
2008-10-17 Fri 19:02 | URL | knaka000 [ 編集]
試しにシステムドライブ内のEditorを携帯ストレージ(C)にコピーしたらいけました。
でもインスコ時にレジストリ触ってたから全くA4techに汚染されてないPCだと無理かも?

steelseriesのIkariみたいに書き込みソフトは解凍するだけ、ってタイプならまだ良かったですね・・・
あれならレジストリも汚さないのでコピーでもOKだし、
携帯ストレージにコピーしておけば出先で変えられますし。
IkariもIkariで本体だけじゃプロファイル変えられないんですが・・・
この辺はHabuやダーマのほうが便利ですね。

2008-10-18 Sat 05:55 | URL | Reiz [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。