No Silver Bullet

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

A.V.A 戦車護衛ミッションその2

戦車破壊チームのここで破壊するとオイシー!できる位置を紹介。
ava

大きく分けて3段階です。
第一段階の赤の位置でうまく足止め出来ると第二段階辺りで勝利できます。
四角いのが戦車、枠の色が戦車の色と同じで、中身が青なのが
その時々にオイシー!できる場所です。

まずは第一段階。赤の場所です。
まぁ画像を見たとおりなんですが、左下のオイシーポイント(変な名前つけるな)を
越えたあたりで戦車を破壊すると、戦車修理軍は修理するのがとても難しくなります。
というのも戦車斜め後ろで修理しようと寄ってくる敵を構えてるやつらがいるためです。
左下は部屋の角。しかしこの部屋は歩道橋から修理軍が裏取りしてくるので注意。
一人は歩道橋からの敵に備えても良いと思います。
そしたらもう一人は戦車側に集中できるし。
もしこの部屋が一人だった場合は部屋の角にある観葉植物に紛れるとGood。
もちろん戦車側と歩道橋からの敵の両方を気にしなければなりません。
あと、自分のカバーしきれない戦車の反対側へは手榴弾を投げると良いです。

対して右下のバルコニー?の方は見通しが良いため注意が必要。
こちらは部屋の中と逆の位置なのでこの2人がいると完璧に修理を防げます。
しかしバルコニー側は修理軍のリスボン位置から狙撃される上に、
修理軍が一階から突入してくるので注意が必要。
オイシー!出来るところで安全な所なんて存在しません。
自分を撃破しようと突入してくる敵を返り討ちにしてオイシー!と思えるくらいの
意気込みで位置取りしましょう(´ω`)b

次に赤の戦車の上の方。
これ以上戦車を先に進めるとチェックポイントを通過、
修理軍のリスボン位置がぐんと上がります。(最初に破壊軍のリスボンしてた位置に)
そして自分たちは戦車から遠い位置になるので毎回ランニングするはめに・・・
なのでこの位置で足止めしたいところ。
この位置でも基本的には同じ対応です。しかしこの位置だと2FのRPG組がちょうど
戦車の後ろを狙える位置になりますね。まぁこの辺は臨機応変に対処してください。

そして第二段階。ピンクの位置です。
ここで止めると360度から袋叩きにできます。戦車の前後は歩道橋です。
歩道橋から手りゅう弾を投げ落すもよし、飛び降りて殺すもよし。
戦車の斜め後方で待ち構えることも重要です。

そして最終段階の黄色。
ここも他と同じように破壊軍のリスボン地点から戦車までが近く、
修理を防止しやすい位置になります。
位置取りの○が見難くてごめんなさい(´・ω・`)ショボーン
この位置に戦車が来たら、2Fでリスボンした場合は窓から戦車の反対側、
塀目掛けて手榴弾を投げ込んでください。(戦車後方気味がおすすめ)
修理中の敵を喰えます(´ω`)b
てかここまで来たら何が何でも修理させてはいけません。負けます。
あとは黄色い戦車の間、下の塀の角もセオリーです。
戦車のゴール地点下の通路から敵が出てくるようになるので
ここでも左右をしっかり警戒してください。


以上のような感じですかね。私の偏見と独断に満ちたお勧め戦法でした。
もちろんこの位置じゃないと戦車を止めちゃダメ、なんてわけはなく、
最大限戦車を足止めすることが重要です。
あとは基本的に戦車を破壊したあとは数人は戦車の周りをウロウロするべき。
戦車後方でウロウロしてると遠くから撃たれますので、
戦車の前方で待機しつつ、ちょこちょこ戦車周りを警戒する感じで(´ω`)b

この辺を注意しつつ戦闘に参加するとプレイ時間合計4時間の私でもこんな戦績に↓
(大したことない戦績ですが、初心者でもこんだけ活躍できるんだよ、という事で。)
護衛スコア
目指せ100です(´ω`)b

p.s.
ロビーで他人を右クリックすると強制終了の回数が見れるけど割と多いね・・・
勝率の高い人の方が強制終了回数が多いようにも感じるが・・・
エラー終了は強制終了の数に入るのか?普通入らないよね。
まさか負け始めたら強制終了して逃げるなんていう腰ぬけはいないよね?^ ^
もしそんな腑抜けがいたらその腑抜けのせいでチームが苦戦してると自覚すべき。
スポンサーサイト

A.V.A | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<A4tech Oscarシリーズ購入 | HOME | A.V.A 護衛ミッション>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。