No Silver Bullet

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Steelseries Ikari Laser

ikari1sikari2s

書くこともないので(もうかよ)押入れ行きになっているマウスを紹介!
まずはIkari Laser
FPSなどのマウスを重要視するゲーマーなら知らない人はいないであろうSteelseries社の
独自開発マウス第一弾!(次、出るよね・・?w)
そしてゲーミングマウス史上価格もぶっちぎりでNo.1だと思われるマウスです。
ロジクールのG9より高けぇ・・・((((;゚Д゚))))ガクガク ブルブル
そんでもってやたら故障の噂の絶えないマウスでもあります(;´▽`)
段々改良(改悪?)されてるらしい。私のはシリアルナンバー011**です。
なんとなく詳細は隠した。割と初期の物ですね(´ω`)

まぁなんだ・・・ながながと不満点を書くのも面倒なので過去に書いたものをコピペ!(コラ
もちろん自分で書いた物ですよ、転載ではありません。
以下レビュー?苦情?w↓(一部改訂)

-----------------------------------------------------------------------
指の収まり、サイドボタンの位置・感触、肌触りなどは好印象です。
メインボタンのクリックの硬さはRazerなどのマウスと同じくらいで柔らかめに感じます。
メイン、サイド、CPIスイッチ、ホイール全てのクリックが軽く、カチッと押し心地も良いです。

しかし、個体差かもしれませんがホイールの回転が上下で違います。
下回転は音はあまりせずノッチの掛かりだけを感じることが出来ますが、
上回転は「カコカコ」と音がなり感触が違います。
ロータリーエンコーダのかみ合わせが悪いのかもしれません。

それとホイールを真上からでなく左側面から指を添えるようにして回転させると、
小刻みにガリガリとした感触があります。(ノッチ1に対して小刻み3つ程度)
原因:ホイールの左軸でミドルクリックを実現しているんですが、
ホイールの左側面に指を当てて回そうとすると左軸が浮いてホイール表面の溝がガワに接触、そしてそのまま回すとホイールの溝の分だけガリガリとした感触が手に伝わる。

また形状に関してですが他の方も仰っているように持ち上げにくいです。
親指、薬指の部分をもう少し抉れさせたら改善するように思います。
それとSteelseriesのHPのIkariの写真を見ると白いテフロンソールとなっていますが、
実際は黒ソールでした。試作では白ソールだったのかもしれませんね。

またソフトウェア面に関してはドライバレスでマクロを使用でき、とても便利です。
設定ツールは英語書きですがぱっと見て理解できるデザインなので問題ありませんでした。
ただプロファイルの保存・管理はツール上でしか出来ないようです。
プロファイルの保存はデフォルトだとCドライブのプログラム下にSteelSeries Ikari Laserというフォルダを作成して、この中にファイルとして保存しています。
そしてツールからプロファイルを選択すると選択されたプロファイルがマウスに保存されるようでした。このため、普段のプロファイルとゲームごとのプロファイルを作ると、
ゲームのプレイ前後にツールを開かなくてはなりません。
せっかく底にディスプレイがあり、プロファイル名を表示しているのですから
マウス本体にプロファイルを複数保存、マウス単体で切り替えが出来る様にして欲しかったです。また、マウス上でCPIを1ずつ変更できる機能があり、ゲーム中に変更出来るなど、
なかなか便利なのですが、上記の通りプロファイルの管理はPC上なので
ゲーム後に他のプロファイルに切り替えるとマウス内のデータが上書きされるので注意が必要です。
また、ツールに「マウスから設定をインポート」という様なものがないので
ゲーム中にCPIを変えて、プロファイルに保存したい場合はツールを開いてからマウスを
CPI設定モードにして、底のディスプレイで数値を確認し、ツール上からプロファイルに
手打ちしないとなりません。とても面倒な作業です。

また休止状態から復帰したあとプロファイルを変えようとしても変わらないバグがあります。
解決策として一度マウスをPCから外して再び挿せば治ります。

プロファイルの問題はファーム、設定ツールのアップデータで
改善できると思うので今後に期待しています。
-----------------------------------------------------------------------

以上昔に書いたレビュー兼要望でした。
結局9か月経った今でもファームのアップデータはありませんね。売りっぱなしかよ!

ikari3
せっかく底に格好良いディスプレイ搭載しててプロファイル名表示できるのに、
本体のみではプロファイルを換えられないとか・・・w
この辺もHabuがメインマウスになる要因ですね(Habuは底にプロファイル切り替えボタン有)

ikari6
また世界初の技術でマウスの直線補正を調整・オフにすることが出来るマウスです。
これはなかなか良い試みだと思いました。日常生活では補正があった方が便利、
でもゲームでは補正は邪魔、って人もプロファイルごとに設定できるので( ゚Д゚)ウマーです。
または「補正のあるマウスなんてイラネ!」って人にもお勧めできちゃいます。
さらにON/OFFではなく補正度合を加減出来るので程よい補正にすることも可能。

ikair5
もうひとつ面白い機能としてCPI(≒DPI)を1CPIずつ「ハードウェア的に」動かせます。
ソフトウェア的なものではないので変な挙動はありません。全CPIネイティブです。

この辺の機能にどっぷり浸かってしまうと他のマウスに移行できなくなりますのでご注意をw

私的に一番良かったのはメモリ搭載という点と何よりセンサーでしたね。
相性問題が多く、パッドを選ぶと言われているIkari Laserのセンサーですが、
私の環境では全部大丈夫だったと思います。(ちゃんとは検証してません。触り程度)
そんなセンサーの何が良かったかというとリフトオフディスタンスが全般的に激短でした。
S&Sだろうが、Qckだろうが、ダーマハードだろうが、icematだろうが、とても短い。
HabuだとQckではそこそこ、ダーマハードだと激長になりますがIkariは全部激短です。
これだけは感動したなぁ・・・(そこだけかよ
もちろんレーザーの出力を自動調整してるとかじゃなくて読み取り方式の違いによるものと思われます。読み取り画像を4つに分割してなんちゃら・・・っていう新しい方法らしいです。

「レーザーセンサーはいらない子!」、消えてなくなれば良いよ!と声を大にして言わないのはこのセンサーのお陰だったりします。このセンサーだったらレーザーでも良いかなと思います。
まぁ物によっては相性問題で使えないかもしれませんが・・・
あとはディスプレイとか搭載してる割に軽いです。軽くても持ち上げにk(ry

まぁ悪いところばっか書くのも可哀想なのでフォローもしてみましたが、
結論として押入れの住人です(爆

持ち上げにくさ、プロファイル管理のダルさが我慢できなかったんだ。うん、(´ω`)
あとは私は休止状態をやたら使うので毎回抜き差しするのが嫌だったってのも大きい。

MSのSideWinderをちょうど良いサイズとか言う人や、バスケットボールを片手で持てる人は持ち上げにくさは気にならないかも。メモリ搭載で、CPI微調整機能、直線補正調整機能、そして何より形が合う人には良マウスかもしれない。

でも正直、認識しなくなる問題、ソフトウェアの甘さ、値段を考えるとあまりお勧めしない・・w
本当、いろいろと惜しいマウスですね(´ω`)
Steelもやる気ないみたいだし改善は望めなさそうだし。
スポンサーサイト

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

周辺機器 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<nProtectにご用心 | HOME | ダーマポイント タクティカルパッド ハード>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。